大聖堂

大聖堂

フランクフルトには、大聖堂があります。
大聖堂では神聖ローマ帝国の皇帝を選ぶ皇帝選挙が行われます。

◆フランクフルト

フランクフルト

フランクフルトへ行くには、ハンブルクから馬車に乗ります。
フランクフルトからハンブルクに戻るときも同様です。
馬車は無料で利用できます。 フランクフルトは内陸都市のため、出航所、交易所はありません。
また街役人がいないため、投資もできません。

◆皇帝選挙

皇帝選挙・1

世界に大きな影響力を持つ神聖ローマ帝国の皇帝を選ぶ選挙です。
7名の選帝侯による投票で、皇帝が決まります。
選挙は、「公示期間」「選挙期間」「選任期間」に分けられます。

皇帝選挙・2

皇帝候補者はそれぞれ公約を持ちます。公約には5つの政策が含まれており、候補者が当選した場合、その政策のうち条件を満たしているものが実施されます。
魅力的な公約を持つ候補者を当選させるべく、皇帝選挙に介入していきましょう。

皇帝選挙が発生するとワールドメッセージで告知されます。

皇帝選挙は同時に複数発生しません。

◆公示期間

候補者と、候補者の公約内容(政策)が明らかになる期間です。7日間続きます。
候補者の情報は、商人ギルドマスター・商人依頼仲介人か、フランクフルトの大聖堂にいる選挙管理官・選帝侯から確認できます。
政策は、1日おきに1つずつ3つまで公開されます。

説明を見たい箇所にマウスカーソルを合わせてください。

◆選挙期間

候補者を支援して候補者自身の力を高めたり、選帝侯に働きかけて各プレイヤーが推薦する候補者への支持を高めさせる期間です。

・候補者を支援する

候補者を支援すると、候補者の政治力が高まり、当選した際に実施できる政策が増えます。
また、政策が実施された時に効果を得るために、支援要請を満たしておくことができます。
さらに、候補者の政治力が100に達してもなお支援を続けると、政策の有効期間を14日間から、最大56日間まで延ばせます。
支援1回につき、「支援認可状」1枚が必要です。

支援は、選挙期間ならいつでもできます。

支援は、最初の支援の際に支持表明を行わなかった場合に限り、どちらの候補者にも行えます。

選挙期間・1

.侫薀鵐フルトの大聖堂にいる選挙管理官か、各地の商人ギルドマスターから「支援認可状」を購入します。

支援認可状の購入は、1日1回のみです。

フランクフルトまですぐに移動できる「フランクフルト招待状」を入手できることがあります。「フランクフルト招待状」は選挙期間のみ使用できます。

選挙期間・2

▲侫薀鵐フルトの大聖堂にいる選挙管理官か、各地の商人ギルドマスター・商人依頼仲介人に話しかけ、支援ボタンをクリックします。

選挙期間・3

2人の候補者のどちらかを選び、情報を確認します。

「底力」は選挙期間終盤に表示されます。

選挙期間・5

せ抉臧覆鯀びます。
プレイヤーが習得している取引スキルが高いほど、それに対応した支援品の口数上限は高くなります。

支援には、支援認可状1枚を使います。

フランクフルトの街が特別な状態のときは、アイコンが表示されます。必要とされている支援品の手がかりにしましょう。

選挙期間・6

ジ補者への支援が集まると、候補者の政治力が上がり、公示される公約が増えます。また、政策ごとに設けられた支援要請を満たすことができます。支援要請を満たした政策は、実施された時に効果を得られます。

・支援の連鎖とコンボ

「相手への累計支援額が1億ドゥカート以上であること」、「支援をフランクフルトで行っていること」などの条件を満たしたときに限り、フランクフルトの街で不足しているものや、候補者・選帝侯が望んでいるものなどを支援すると、続けて支援できます。
3回続けて支援を成功させ、支援内容が特定の条件を満たしていた場合、報酬を受け取れます。

・選帝侯を支援する

選帝侯を支援する・1

仝補者を選ぶのは、7名の選帝侯です。支援して、自分が推す候補を支持してもらいましょう。フランクフルトの大聖堂にいる選帝侯か、各地の商人ギルドマスター・商人依頼仲介人に話しかけ、選帝侯支援ボタンをクリックします。

選帝侯を支援する・2

∋抉腓垢訌帝侯を選びます。
意志力が強いほど、選帝侯が支持する候補は変わりにくくなります。
また、発言力が強いほど、他の選帝侯にも自分と同じ意見を薦める力が強くなります。

支援には、支援認可状1枚を使います。

選帝侯を支援する・3

支持してほしい候補を選びます。

選帝侯を支援する・4

せ抉臧覆鯀びます。以降は候補者への支援と同じです。

・奥の手

奥の手

奥の手とは、選挙期間最終日に、有利な候補者が、底力(これまで支援してもらった物資)を使って発動する政策です。「奥の手」にはさまざまな効果があり、選挙活動を有利に進められます。
終盤戦になると、「奥の手」に使う3つの支援品が公開されます。3つの支援品は、左右1組で、計3組の対抗関係にあります。底力が相手を上回っている組が多い候補者が、「奥の手」を発動できます。
最終日に支持する候補が「奥の手」を発動できるよう、底力の品を支援していきましょう。

底力が相手を上回っている組の数が同じ場合、「奥の手」は発動しないまま選挙期間最終日となります。

・政談

政談

政談ボタンを選んで飲み物を飲むと、選帝侯の話を聞けます。支援の参考にしましょう。

◆選任期間

選任期間・1

皇帝選挙で勝利を収めた候補者は、皇帝に選出され、政策が実施されます。政策は世界にさまざまな影響を及ぼします。
選任期間は候補者が選挙期間中に受けた支援の総額により、14〜56日間となります。
選任期間が終わると政策の影響は及ばなくなり、次の時代の節目にまた新たな皇帝選挙が公示されます。

選任期間・2

勝利した候補者の上位支援者10名になると、選挙後に「宮廷顧問」に指名されます。
「宮廷顧問」に指名されると、フランクフルトの選挙管理官・選帝侯か、各地の商人ギルドマスター・商人依頼仲介人に話しかけて、就きたい顧問職を選んで任命を受けられます。

顧問職1つにつき1人が就任します。
「一般顧問」の任命のみ、複数のプレイヤーが就任できます。

前回の選挙で宮廷顧問に指名されたプレイヤーが再度指名されるには、上位支援者5名以内に入る必要があります。

特別講座・2

宮廷顧問就任中は獲得経験値や名声が増加したり、スキルランクに補正がつくなどの恩恵が受けられます。

宮廷顧問のフレンド・所属商会の会員も、本人が得る恩恵の一部を受けられます(効果は本人よりも弱くなります)。

◆歴史的事件の影響

歴史的事件の影響

歴史的事件の影響を受けた特別な皇帝選挙が発生することがあります。その場合は、公示期間なしで、選挙期間から始まります。
緊急選挙となるため、現皇帝の選任期間だった場合は強制退任となり、政策の影響も中断されます。

本マニュアルに掲載された文章、画像その他の無断掲載はお断りいたします。
(C)2005-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.